qrcode.png
http://www.toiken.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 東京医療問題研究所
〒164-0001
東京都中野区中野5-47-10
TEL.03-3389-6911
FAX.03-3389-5696
保険調剤、在宅訪問、一般薬品・衛生材料・介護用品等の販売
 

アレルギー性鼻炎

   
東京医療問題研究所1997年7月作成
 

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎(花粉症)
 
   鼻水たらたら、目はチカチカ、頭はボーッ…。春になると、こうした症状で悩む人がが然多くなります。花粉症(花粉アレルギー)を持つ人にとって、春はいや-な季節です。
春だけでなく、一年を通して、クシャミと鼻水で悩まされている方も多いと思います。
 

アレルギーとはなに ?

アレルギーとはなに ?
 
自分のカラダの成分と違った物質(アレルゲン=抗原、つまり、花粉、チリ、ダニ、病原菌、毒素など)が一度身体の中に入ると、これに反応する物質(抗原)ができます。一定の潜伏期をへて、再びその物質が身体の中に
入ってくると、これに対して、最初と違った反応をするようになります。
 ☆身体にとって、都合の良い方向に向かった場合が免疫です
    例:BCGによる肺結核予防摂取、三毒混合ワクチン等
 ☆身体にとって、都合の悪い方向に向かった場合がアレルギーです
    例:アレルギー性鼻炎、花粉症等
 

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎とは?
 
   上記のように、わたしたちの身体には、体内に異物が入ったときに、その異物から体を守るように働く防衛機構があります。
 チリ、ダニ、花粉は体にとっては異物なので防衛機構が働いて、その異物を体にとって害のないものに変えようとします。この働きが過敏すぎると、体のいろいろな部でアレルギー反応が起こります。鼻では、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがおこります。これがアレルギー性鼻炎です。花粉によっておこる反応が花粉アレルギー、つまり花粉症です。
 

アレルギー性鼻炎の典型的な症状は?

アレルギー性鼻炎の典型的な症状は?
 
①発作性、反復性のくしゃみ
②鼻水(水のような鼻水)
③鼻づまり
④鼻のかゆみ
 
 
花粉症になると次のような症状もでてきます。
 
⑤目がかゆい。涙がぽろほろと出る。眼が充血する。
⑥のどに花粉が付くと、のどかかゆくなる。
⑦耳がかゆい。
その他、頭が重いボーとする。全身倦怠感。イライラ感。全身の熱感。
 
不眠、時に微熱のような感じがする場合もあります。
 

アレルギー性鼻炎に使われる薬とその働き

アレルギー性鼻炎に使われる薬とその働き
 
アレルギー性鼻炎の薬には大きく分けて、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤の3つがあります。
 
  抗ヒスタミン剤

刺激物質による刺激作用から、神経や血管を守ります。即効性はありますが、眠気を催すなどの副作用があります。
  抗アレルギー剤

体内のアレルギー反応に関与する細胞から、刺激物質がでるのを防ぎます。
眠気の副作用は比較的少ないのですが、効果が現れるまてに2~4週間かかります。
  ステロド剤





副腎皮質ホルモン剤ともいわれますが、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤をあわせた広い範囲に及ぶ作用をもっています。
アレルギー性鼻炎の治療では、内服剤はいろいろな副作用が起こりやすいのでステロド剤は鼻などの局所使用が原則とされてます。
局所使用は内服に比べ、副作用の心配はほとんどありません。
激しい症状に対して優れた効果があり、その効果は使用後すぐに現れて持続します。
 

花粉症を防ぐには

花粉症を防ぐには
 
花粉症とわかったら・・・・
花粉を吸い込まないために、自己対策として以下の点に注意しましょう。
①窓を閉めて室内に花粉が入るのを防ぐ。
②外出を控える
③マスク、防塵めがねをする。
④家に入るとき、衣類についた花粉をはたき落とす。
⑤布団、洗濯物を家の中に干すようにする。
 
予防のために、シーズン前から抗アレルギー剤や、漢方を飲むことによって、症状を軽くすることができます。
 

「かぜ」と「花粉症」はどうちがうの

「かぜ」と「花粉症」はどうちがうの
 
花粉症と間違われる病気は、なんといってもかぜです。
花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、かぜの初期と同じような症状なので、かぜと間違われるのも無理ありません。それでは、花粉症の症状はかぜとどのように違うのでしょうか。
 

点鼻薬の使い方

点鼻薬の使い方
 
点鼻薬は鼻腔へ液体を滴下するものと、霧状にして入れるものとがあります。
 
鼻へ液体を滴下する薬・・・鼻粘膜の充血や腫れを抑え、鼻づまりを改善
 
<使い方>
図①のように、横になって枕を肩の下へあてて頭を傾け、鼻を上に向くようにして1~2滴、鼻壁に沿うように滴下します。
できれば図2のごとく、椅子、台等に上を向いて寝て、背中まで乗り出すぐらいにして頭が真下を向くようにすると、より良好。そして、薬がよくいきわたるように、30秒くらいそのままの姿勢を保ちます。
 

噴霧するタイプ・・・・抗アレルギー剤とステロド剤があります。

噴霧するタイプ・・・・抗アレルギー剤とステロド剤があります。
 
噴霧の仕方図
 

吸入するタイプ・・・主にステロド剤

吸入するタイプ・・・主にステロド剤
 
吸入の仕方
   
点鼻薬は薬の種類によって1日に使用する回数が異なりますので注意しましょう。
 
参考文献
 
  • 今日の治療指針
  • 花粉症の予防と治療
  • 病気とくすりの本
<<株式会社 東京医療問題研究所>> 〒164-0001 東京都中野区中野5-47-10 TEL:03-3389-6911 FAX:03-3389-5696