qrcode.png
http://www.toiken.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 東京医療問題研究所
〒164-0001
東京都中野区中野5-47-10
TEL.03-3389-6911
FAX.03-3389-5696
保険調剤、在宅訪問、一般薬品・衛生材料・介護用品等の販売
 

調剤

 

日常業務の中で薬の適正使用を。

日常業務の中で薬の適正使用を。
 
●処方箋受付・処方監査
   法的必要事項と用法用量、相互作用などをチェックします。 疑問点は、医療機関に疑義照会します。
 
 
写真
   
●調剤
   一包化やカレンダーへの貼付、錠剤の粉砕など個々の患者さまに対応した調剤を行います。 調剤ミスを防止するためのさまざまな工夫もしています。
 
 
写真
   
●監査
   調剤した薬剤師とは別の薬剤師が監査してミスを防ぎます。 渡薬時には、患者さまにも内容を確認してもらいます。
 
 
●薬歴照合
   併用薬、副作用歴、前回処方との相違、前回説明した内容や今回への引継ぎ事項をチェックします。
 
 
●渡薬
   薬歴を参考にして、処方の変更点、前回からの引継ぎ事項を中心に説明します。 不安や疑問を残さないで帰っていただけるよう、努力しています。
 
 
写真
   
●患者さまと一緒に薬の適正使用を
   薬が安全に有効に使われているか追求するのが薬剤師の役割です。 薬を使って効果が出ているのか、副作用は出ていないか、ていねいに聴き取ります。
 
 必要に応じて副作用の追跡や薬効の調査をし、主治医や患者さまに情報提供します。
 
 
●正確な調剤、心地よい接遇をめざして。
   毎月、インシデント・アクシデントレポートを集約し、検討会を行います。 どういう状況で、なぜ発生したのかを報告し合い、再発防止策を検討します。
 
 コミュニケーション技術を磨くことも大切です。ロールプレイや、うまくいった例、苦情の寄せられた例などの検討会を実施しています。
<<株式会社 東京医療問題研究所>> 〒164-0001 東京都中野区中野5-47-10 TEL:03-3389-6911 FAX:03-3389-5696